七夕といえば、かざりと短冊の2つが挙げられます。
これらのかざりは、いつはじまったのでしょうか?
 奈良時代には中国の影響が強く五色の糸を星にお供えする習慣があったようですが、
その後室町の頃に書道の上達を願い硯(すずり)や墨、
短冊に書いた和歌などをおさめるようになました。
広く一般に普及したのは江戸時代になってからのことでした。
そして現在は色紙で夏の風物詩をかたどったさまざまなかざりや、短冊などをかざるようになりました。
ちなみにかざりのひとつひとつに意味があるものもあります。
代表的なかざりの意味を以下に紹介します。