もともとは菖蒲(ショウブ)や蓬(ヨモギ)を 軒先にさして、
邪気を払う日だった端午の節句。
武士のあいだで大切にされていた尚武(しょうぶ=武をたっとぶ)の気風と、
端午の節句の供え物の「菖蒲」をかけて、
尚武の節日として盛んに祝うようになり、江戸時代以降、
男の子の節句とされ、武家では甲冑、のぼりを飾るのを真似て、
町人のあいだにも武者人形や鯉のぼりを飾るようになりました。
 この日はちまきを食べたり、柏餅を食べたりして、お祝いします。
菖蒲を軒に飾るかつての風習は、菖蒲湯につかる風習として現在にも残っています。
菖蒲湯は健康と長寿を、柏の葉は家系が続くことを願うものです。
 中国で滝を登りきった鯉が龍になるとう故事があり、
鯉は立身出世のシンボルとされています。
出世を祈る気持ちの表れが鯉のぼり。
風に泳ぐ勇ましい姿は男の子のお祝いにぴったりです。