ニュース

自然の贈り物

| スタッフ日記

朝起きたら雪景色。
長靴をはいて、新雪をざくざく歩く。
この心地よさ。
夜になっても、雪明りでぼぉーっと明るい幻想的な景色。
自然の素晴らしさを感じた1日になりました。
(雪のため電車に1時間半閉じ込められたことも帳消しになる素晴らしさです!)

雪.jpg

 

わらべうた中山保育園のアトリエの作品が届きました。
テーマは「雪」。
子どもたちの作品の雪も心がいきいきと躍動しています。
子ども達が自然からたくさんの贈り物をもらっている。
「雪、降ったらいいな」
子どもたちの願いが、お空に届いたのでしょう。
月曜日、子どもたちからどんな雪のお話が届くか、楽しみです。

原園

 

 


 

続きを読む

節分

| スタッフ日記

節分

今日は2月3日、節分です。
節分とは立春、立夏、立秋、立冬の4つの季節の始まり。
旧暦の1年の始まりは立春。お正月です。
立春の前日、節分は大晦日にあたり、1年間の厄払いの豆まきを行います。
こんな話を聞くと、気持ちも新たになります。

さて、保育園でも節分!
鬼が「くさい!」と苦手にしている鰯でつくったやいかがしを玄関に。
昼食のプレートは「鬼を食べちゃお!」

外も暗くなってきました。
2回目の新年にむけて、そろそろ豆まきの時間です。

やいかがし.JPG

 

 

 

 

 

節分ご飯.JPG

原園

 

 

続きを読む

歳時記

| 歳時記

節分にはどうして豆まきをするのでしょうか。
昔、京都に鬼が出て、みんなを困らせていました。
その時に、神様からのお告げで、豆を鬼の目に投げて、退治したという話があります。
「鬼=魔」
「魔(ま)を滅(め)っする」という言葉から、
その年が無病息災で過ごせるようにと、豆を撒くようになりました。
豆についての、豆知識。豆は「煎った大豆」でなければなりません。
生の豆は、そこから芽が出てきます。
「魔」から目が出てくるということは、大変縁起が悪いからです。
「大晦日だから、新しい一年が、楽しく過ごせるように豆を撒いて、
鬼を家の中に入れないようにしようね。」
こんなふうに子どもにも話して、一緒に豆まきをお楽しみください。

続きを読む

メールでお問い合わせ

長谷川興産グループの生活支援サービス
快適生活サービス
おそうじ本舗
マイ暮らす
マイスターコーティング
靴専科
お直し職人
介護サービス
長谷川介護サービス
keirow
福祉サービス
太陽の子
長谷川ナーシングパートナー
人材サービス
スマイルSUPPORT保育
スマイルSUPPORT看護
スマイルSUPPORT介護
給食サービス
関東給食