ニュース

インフルエンザにご注意!

| スタッフ日記

 

インフルエンザにご注意!
 
田園調布医師会の情報によると、1月19日から25日、1週間の感染者は
インフルエンザ 199名
感染性胃腸炎  199名
水痘      15名
インフルエンザが患者数を増やしています。
 
かかるとつらいインフルエンザ。
子どものためにもぜひ予防したいですね。
厚生労働省が推奨しているのは、次の6点。
1. ワクチン接種
2. 飛沫感染対策としての咳エチケット
3. 外出後の手洗いとアルコール消毒
4. 適度な湿度(50~60%)
5. 十分な休養と栄養摂取
6. 人ごみや繁華街への外出をひかえる
 
保育園でも手洗いの指導をしています。
皆様お気をつけください。
 
原園

続きを読む

ノロウィルスの食中毒に注意!

| スタッフ日記

ノロウィルスの食中毒に注意!

浜松市の小学生の1000人を超えるノロウィルスによる集団食中毒。驚きました。

文部科学省の発表によると、2003年~2013年の11年間に、給食を原因とした集団食中毒が42件おきているそうです。
うち27件はノロウィルスが原因だそうです。
パンや餅菓子、ケーキなど加熱しない食品が感染源になることが多く、1月の発生が最多。
ノロウィルスが流行する11月~2月に半数が発生しているそうです。

ノロウィルスは嘔吐物や便に含まれ、耳かき1杯の量に約1億個。
そのうち10~100個でも体に入るだけで感染します。感染力が非常に強いウィルスです。
ただ今ノロウィルスの流行期。
予防は手洗いが一番です。
ご家庭でもご注意ください。

 

原園

続きを読む

夢を生きる

| スタッフ日記

夢を生きる

今井和子先生の研修に行ってきました。
テーマは「遊びこそ豊かな学び」

『豊かな体験をたくさんしている子は「知りたい」「勉強したい」という気持ちが強い。
体験量が多い子ほどいろいろな考え方を身につけることができる。
こんな調査結果が出ているのにもかかわらず、社会の流れは子どもたちを早期教育にかりたてている。
遊びの大切さ、遊びで子どもは何を学んでいるかを保育者は親に伝えられているか』

今井先生の問いかけは、私たち保育者がしっかりと受け止めないといけない課題です。

遊びの中で育つ力のお話をたくさん伺いました。
その中で印象に残ったことば。

『大人は夢を見る。子どもは夢を生きる。』

夢を生きる保育環境をたっぷりと用意してあげたいと気持ちも新たに!
今井先生、素敵な時間をありがとうございました。

yumewoikiru.JPG

原園

続きを読む

歳時記

| 歳時記

整理整頓された玄関に飾られた鏡餅やお飾りを見ていると、
新しい年を迎えた清々しさで気持ちも自然と整っていきます。
一般的に鏡餅をみんなでいただく「鏡開き」は1月11日です。
子どもの頃、木づちでお餅をたたき割るその日をとても楽しみに待っていました。
木づちで割ると、乾燥したお餅が様々な大きさの形に散らばります。
拾い集めてその後みんなでおしるこの中に沈む色々な大きさのお餅をつついたものです。
さて、その鏡開きで気を付けなければいけないのが、
お餅を包丁で切ってはいけないということです。
もともとは武士たちの風習で切腹を連想させる事や、
鏡餅の中に神様が宿っているからだとも言われていますが、
どちらにしても木づちや金づちでたたき割るのが通例となっています。
あまり乾燥していないお餅だと、たたいても割れないことがあります。
そんなときは電子レンジやトースターで少し温めて水分を飛ばしてから割ってみましょう。

続きを読む

メールでお問い合わせ

長谷川興産グループの生活支援サービス
快適生活サービス
おそうじ本舗
マイ暮らす
マイスターコーティング
靴専科
お直し職人
介護サービス
長谷川介護サービス
keirow
福祉サービス
太陽の子
長谷川ナーシングパートナー
人材サービス
スマイルSUPPORT保育
スマイルSUPPORT看護
スマイルSUPPORT介護
給食サービス
関東給食