ニュース

わらべうた中山保育園 施設内見学会 開催中

| キャンペーン

 

わらべうた中山保育園 
施設内見学会 開催中

保育園完成前ですが 保育室の広さや
アトリエスペースを公開しています。

11/24(木)9:30~10:00
11/25(金)11:45~12:15
11/30(水)11:45~12:15
12/1(木)11:45~12:15
12/2(金)9:30~10:00

※ご希望の方は、保育園予定地まで直接お越しください。お待ちしております。

続きを読む

「貸した!」

| スタッフ日記

保育園の職員会議に参加しています。
1歳児クラスの報告。

Aくんが遊んでいたブロックを他の子が「使いたい」。
保育士「貸してほしいんだって。貸してあげられる?」
Aくん「だめ!」
保育士「ちょっと遊んだら、貸してあげる?」
Aくん「いいよ」
言葉通り、少し遊んだあとAくんから「どうぞ」
その後、保育士さん全員に「貸した!」と言って歩いたAくん。

Aくんの中で「大きくなった」という喜びがあふれた「貸した!」だったのでしょう。
子どもの成長の瞬間を見守る保育士のまなざしが素敵と感じたエピソードでした。

原園
 

続きを読む

お先にどうぞ

| スタッフ日記

ある保育園の職員会議に毎月参加しています。
指導案を確認し、その指導案で1か月保育をした反省を
客観的な立場からコメントさせていただいています。
その保育園の職員会議で2歳児クラスの報告。
「散歩のとき、子どもが聞いてきました。
“自転車がきた時、お先にどうぞってどうして?”
4月から伝えてきたことが、子どもに届き、危険の意味がわかってきました。」

保育園のお散歩でよくある場面です。
後ろから自転車がやってきて、子どもに危険がないよう、道のはしによけます。
私が保育をしていた時には「自転車来たよ。危ないよ。はしっこね」と伝えていました。
今まで意識もしなかった場面です。
「危ないよ」と「お先にどうぞ」
同じ場面でも、子どもに届くものは全く違うと、とても印象深く聞きました。

保育の場面では、子どもにたくさんの言葉をかけています。
その言葉のすべてを吟味しているかというと、無意識にということが多かったなと反省しました。
保育を長くやっているつもりでも、新しい発見がある。
これだから保育はおもしろい!

子どもに届ける言葉、聞き耳をたててみたいと思います。

原園
 

続きを読む

説明会日程~わらべうた等々力保育園~

| おすすめ情報

東京都認証保育所(申請中)わらべうた等々力保育園 2012年4月OPEN

いきいきとした「生活」と「あそび」を子どもたちに~子どもの時間が流れる保育園~
豊かな愛情と家庭のようなあたたかさで、ひとりひとりの育ちを見守るわらべうた保育園。
等々力に来年4月OPENに先立ちまして、保育内容、お申し込み方法の説明会を実施します。
お申し込み先着順の受付とさせていただきます。ご連絡をお待ちしております。

説明会日程:
① 12月4日(日)10:00~11:00 11:00に現地見学で終了 第一集会室 20組 
② 12月4日(日)13:30~14:30 14:30に現地見学で終了 第五集会室 15組

③12月4日(日)15:00~16:00 16:00に現地見学で終了 第五集会室 15組

 ④12月4日(日)10:00~11:00 11:00に現地見学で終了 第二集会室 10組

※①②③④共満員となりました。

場所:玉川区民会館(等々力駅1分)
お申し込み方法:メール又は電話(9:00~19:00)でお申し込みください。
電話:03-6408-5008(長谷川ナーシングパートナー㈱)

保育園概要
名称:わらべうた等々力保育園
場所:東京都等々力3-27-15(等々力駅より5分)
定員:0歳児(産休明けより) 8名 1歳児 14名 2歳児 15名 合計37名
開園時間:7:30~20:30 日・祝・年末年始(12/29~1/3)休
運営法人:長谷川ナーシングパートナー株式会社

続きを読む

歳時記

| 歳時記

遊びに伺った保育園のままごとコーナー。
和紙を張ったざるに入っているのは、どんぐり、
椿の実、くるみ、とちの実。子どもたちの手に触れられて、
どれもぴかぴかに輝いています。木の枝を切った積み木も、
大事に棚に並べられていて、こちらもぴかぴか。
壁にかかっているのは、色とりどりの紅葉、黄葉を美しくレイアウトした額です。
これは、姉妹園のお友達からプレゼントされたもの。
自然の恵みを大事に扱っている保育姿勢こそが、
子どもに素敵な文化をプレゼントしているように感じました。
文化の日を、子どもの生活環境を見直す機会にできるといいですね。
新しい保育園でも、自然の木の実を環境に使いたいと、
職員一同、ただ今秋の自然を探索中です。

続きを読む

気持ちを聞く

| スタッフ日記

10月29日は、シッターの集合研修。

P2011_1029_100331.JPG


40名ほどのシッターが参加しました。
午前中は永瀬春美先生を講師にお招きして
「母の気持ちを聴く、ことばの真意を聴く」をテーマに勉強会です。

ベビーシッターの大事な仕事のひとつは、保護者のおはなしを伺うことだと思っています。
でも、これがなかなかむつかしい。
「どうすればよかったんだろう」「こんな対応をしたけれど、これで良かったですか?」
「うまく対応できませんでした」
様々なケースがシッターから届きました。
具体的なケースを取り上げて、みんなで知恵を出し合いました。

永瀬先生のお話しの中で、心に残ったことは「気持ちが出るまで聞く」ということ。
感じていけない気持ちはない。気持ちと行動はわけること。
行動はだめだけど、気持ちはOK。

さてここで練習問題。
公園で遊んでいます。3時になったら帰ろうねと約束しています。
3時になっても「帰らない」
さて、どうしましょうか?

よくあるケースは「まったく困った子ね。じゃああと5分だけね」
これは、ぐずれば要求がとおることを教えている。
気持ちは認めないで、行動は認めている。
耳が痛いけれど、よく考えればそのとおり。では、どうしたらいい?

気持ちと行動はわける。遊びたい気持ちは受け取るけど、3時には帰る。
例えば、5分前「もうちょっとだよ。最後に何して帰ろうか」
「もっともっと遊びたいよね。楽しかったもんね。でも3時だから帰ろうね」

「お団子を5個作ったら帰る」と約束してもまだ作っている。
その時の子どもの気持ちは?
子どもは大人を試している。
帰らないと言ったら、この人はどんな反応をする人なんだろう?
そこまでわかったら、3時に帰る大人になりましょう。
上手な切り上げ方を大人が提案してあげたらいいですね。
永瀬先生なら「約束したのに!こちょこちょの刑だ!!さあ帰るよ」
笑って帰ることができる刑を様々ストックしておく。
もちろん、いつもうまくいくとは限らない。
泣いている子を強制執行と連れ帰ることもあり。
あのイチローだって3割台。失敗してもめげずにふるから3割打てる。
逆に言うとイチローだって7割は失敗している。
これだけ失敗していいと思ったら、やる気が出ますね。

ベビーシッターは家庭の中に入らせていただき、生活する時間を共にします。
そのベビーシッターが自然に
保護者やお子様の気持ちを聞けたらいいなと思っています。
こちらはチャレンジあるのみ。様々ためしてこう!
と今後の期待いっぱいに勉強会を終了しました。

原園

nagase.JPG

※永瀬 春美 先生の著書がおすすめです。ぜひお読みください。
子育てを応援した人のための育児相談練習帳
創元社発行 1,000円+税
 

続きを読む

メールでお問い合わせ

長谷川興産グループの生活支援サービス
快適生活サービス
おそうじ本舗
マイ暮らす
マイスターコーティング
靴専科
お直し職人
介護サービス
長谷川介護サービス
keirow
福祉サービス
太陽の子
長谷川ナーシングパートナー
人材サービス
スマイルSUPPORT保育
スマイルSUPPORT看護
スマイルSUPPORT介護
給食サービス
関東給食