野に咲く草花で、名前をしらなくても、特別に技術がなくても楽しめるあそびを紹介します。

● 色さがし ●
  散歩をしながらのんびりと、赤や白、黄色の花を探してみたら、何色の花がたくさんみつかるでしょうか?色の認識は個人差があるので、自然の中のあいま いな色を、お子さんと一緒に「何色かな?」と相談しながら、数えるのも楽しいひとときです。お出かけ前に、好きな色の折り紙や色鉛筆を選び、同じ色の草花 を探してみるのもおすすめ。お互いの選んだ色をとりかえっこすると、ゲーム感覚で色さがしが楽しめます。

● お絵かき ●
  タンポポは、花の部分をそのまま絵筆にして、紙の上にこすりつけると、きれいな黄色い色がでます。葉っぱや、他の花は?いろいろ試してみると、汁気が 多かったり、少なかったり、色が良く出るもの、あまり出ないものがあることに気付くかもしれませんね。ひと手間かけて、簡単なぬり絵の下絵を用意しておく と、できあがった絵に満足感があるのでおすすめです。

● おままごと ●
  いつもの砂場あそびに少し春らしさをプラスして、草花レストランはいかがでしょうか?色とりどりの花びらの混ぜごはんや、葉っぱを使って手巻き寿司など、アイデア次第で、どんどんメニューがふくらみそうです。

  草花を摘む時には、「必要な分だけ取ろうね」と声をかけることをお忘れなく!きれいな色で楽しませてくれる花たちに感謝しつつ「かわいそうだからとっちゃだめよ」では、わからない草花とのふれあいを子どもたちにも体験させてあげたいなぁと思います。