ニュース

家庭医のいる診療所 田園調布ファミリークリニック  梅沢 義裕 院長

| おすすめ情報
 

  日本では医者に会うと「何科の先生ですか?」と聞きますよね。アメリカだと「ジェネラリストですか?スペシャリス トですか?」と聞きます。ジェネラリスト=家庭医です。地域に一軒ある何でもみてくれる医師、悩み事があっても行く場所です。アメリカの医師の半分は家庭 医です。

  私は学生の頃から家庭医にあこがれていました。と言っても、当時は、田舎や離島の診療所の先生のイメージでしたが・・・。実際に医師になって、経験で 家庭医のような診療を行っていました。しかし、経験でやっていくことに満足できなくなり、新たに若い医師たちにまじり、全科にわたる3年間の研修を終了し ました。そして念願の「家庭医診療クリニック」を7月にオープン、それがこの「田園調布ファミリークリニック」です。

  このクリニックのテーマは「つい行きたくなる診療所」。皆さん、病院に行くのは抵抗があるのではないでしょうか。でも健康のことを考えたら、病院に来 ないと病気もみつからないし、なおらない。だから、小さい頃から病院がつい行きたくなる場所になってくれたらいいなと思っています。だから病気の時だけで はなくて、クリニック主催の「歩こう会」やファミリーレジャーなども今後計画していこうと思っていますので、お楽しみに!

  診察の結果は電子カルテに記入して、ご家庭のインターネットから、ご家族のカルテが見られるようにしています。先日も小学生のお子さんがひとりで診察に来ました。こんな時も、親御さんはご家庭で診察結果を同時に見ることができます。

  家庭医診療の一環として、夜間に病気になった時も、診察できます。病院にくることのできない方のためには往診サービスをします。お子さんが病気になっ ても、仕事が休めない方のためには、預かる場所を作りたいと思いました。ということで出来たのが病後児保育ルーム「アリエル」です。診療所の中に子どもが いるだけで、なごやかな雰囲気になります。「アリエル」はクリニックになくてはならない場所です。同時に、待っているだけでは手助けできない病気のお子さ んもいます。そんな時はこちらから出向いていって手助けする必要があるのではと始めたのが今回の「病児ケアサービス」の嘱託医です。わらべうたの会員の方 も私のクリニックの大切なファミリーです。病気の時に安心してケアできるお手伝いをさせていただきたいと思います。

☆ 田園調布ファミリークリニック ☆
● 診療科目 ●
内科・小児科・婦人科・皮膚科・神経内科・脳神経外科・アレルギー科
(予防接種・健康相談)

● 診療時間 ●
平日/8:30~12:30 15:00~19:00  土曜日/8:30~13:00
休診日/日曜・祝日

● 大田区田園調布2-62-5 東急スクエアガーデンサイト南館2階
田園調布駅下車 徒歩1分

● 電話:03-3712-1234
● ホームページ:http://web.healthcarenet.jp/~family

☆ 病後児保育ルーム アリエル ☆
● 保育時間  8:00~18:00
● 休室日   土・日・祝日
● 定員     5名

続きを読む

大きい地震があってびっくりしました。こんな時は、どうしたら良いのでしょう?

| おすすめ情報

 まずは安全を確保することが一番です。

 家の中にいる時には①丈夫な机の下にもぐったり、座布団等を頭からかぶり、落下物から身を守りましょう。隠れる場所がない時は、電気の下を避け部屋の中央に。②余裕がある時には、火の始末、ドアや窓をあけ、非難出口を確保すると良いです。③あわてて外に飛び出すと危険です。周囲の状況を確認しましょう。

 外を歩いている時には①狭い路地や塀ぎわは、かわらが落下してきたり、ブロック塀が倒れることもあるので遠ざかる。②持っているもので頭を保護し、丈夫なビルの中や広場に避難すると良いでしょう。

 日ごろの備えも大事です。家族構成を考えて、非常持ち出しリュック等を準備しておきましょう。一般的に必要な物は・飲料水・食料・懐中電灯・予備電池・携帯ラジオ・マッチ、ライター、ろうそく等・救急セット・衣類・防災頭巾やヘルメット・軍手、タオル等・缶きり、ポリ袋、ティッシュ等。小さいお子さんがいるご家庭では・ミルク・哺乳瓶・離乳食・スプーン・オムツ・清浄綿・おぶい紐、バスタオル等追加されると良いでしょう。1年に1度は点検する習慣をつけると良いですね。

 その他、食料・飲料水の備蓄があると便利です。一般的に食料品は7日分(うち非常食3日分)飲料水は一人につき1日3リットルの水を最低3日分用意しておくと良いといわれています。

 もうひとつ、家族の避難場所を決めておきましょう。ベビーシッターが担当させて頂いている時間に避難する必要がある場合も、ご家庭の指定の場所まで避難するようにいたしますので、予めお申しつけ下さいませ。
 

続きを読む

11月のわらべうた 【つん つん つっつく虫】

| おすすめ情報

 今月は秋の季節に、虫の登場するあそびをえらびました。
 鬼をあてっこするするあそびはよくありますが、この遊びは、後ろからつっついてあてっこするあそび方が変わっていておもしろい遊びです。



あそび方
つんつんつっつく虫なんの虫・・・みんなで鬼の背中をつっつきます
だれがつっついた・・・最後につっついた人が「だれがつっついた」と一人で歌い、鬼があてる。

 ※ あたったら鬼交代、あたらなかったら最初から繰り返す。

清野山

続きを読む

メールでお問い合わせ

長谷川興産グループの生活支援サービス
快適生活サービス
おそうじ本舗
マイ暮らす
マイスターコーティング
靴専科
お直し職人
介護サービス
長谷川介護サービス
keirow
福祉サービス
太陽の子
長谷川ナーシングパートナー
人材サービス
スマイルSUPPORT保育
スマイルSUPPORT看護
スマイルSUPPORT介護
給食サービス
関東給食