ニュース

☆ ワクワクドキドキを大切に   ベビーシッター 吉田 瑞枝 さん ☆

| おすすめ情報

  子どもはみたての天才です。
  卵のパックを持ってシッティングにいった日は、あっという間にたこ焼きやさん。 ティッシュを丸めてたこ焼きにして、焼き上がりをかえす手つきも見事なもの。 「いらっしゃい」の声も威勢の良いこと!私は、開店準備の間にお札作りです。1時間も2時間もあそびは続きます。
  ある日はお子さんとごみ捨てに自転車にゴミ袋を積んで運んでいると「私たち、ホームレスみたい!」 ごみすてだけでも楽しめるところが素敵です。
  だから私が準備するのは、素材です。ヨーグルトのカップ、牛乳パック、石、スポンジ、などなど。 「今日はこんなものを持ってきたよ」と素材を取り出すと、子どもは大人が思ってもみなかったような発想であそび始めます。 だから、あそびの主役はこども。私はこどものあそびに寄り添って、一緒に楽しみます。 私が本気であそぶほど、子どものあそびは次々楽しくなっていきます。 「仕事だから」ではなく、私自身一緒にあそぶことが楽しくてしかたないという気持ちです。
  私はおもちゃも大好きです。自分の子どもがあそんでいたおもちゃも、思い出にとっているものもあります。 今でも珍しいおもちゃを求めて、おめあての店に足を運ぶと、ついついおもちゃに手が伸び、コレクションがふえていきます。 そういうおもちゃや、自分のために手づくりしたおもちゃであそぶのが私の楽しみのひとつです。 
  最近素敵なことばに出会いました。「アニマシオン」皆さんご存知ですか? あそびや文化活動を通して、おもしろさ、楽しさ、歓びを追及しつつ精神を活性化させ、生活の根源的なエネルギーを生み出す機能と言えるのが、アニマシオンです。 日本語に訳すと「ワクワクドキドキ」。この気持ちを大切に、これからもお子さんと過ごしていきたいと思っています。
 

吉田さんおすすめの遊び

●新聞紙でとことんあそぼう●

  用意するもの(一人分):新聞紙 1日分、ビニールテープ 1巻き、たこ糸 1メートル、紙皿(直径18cm) 1枚、はさみ
作り方1 作り方2 作り方3
  • どっちが強い
    新聞紙を2~3センチ幅にちぎって、二人で草相撲のようにひっぱりっこ。破れた方が負け!
  • バランスゲーム
    新聞紙を2枚重ね、縦長にしっかり6回折る。ビニールテープですきまなく 巻く。棒の出来上がり。手のひら、おでこの上、足の甲に棒をのせてバランスをとる。長くバランスを取ったほうが勝ち!
  • お手玉
    もう1本棒を作る。二人で向き合って①まずは右手の棒を投げあう。息を合わせて!
    ②慣れてきたら、今度は両手の棒を同時に投げあう。(これはかなりむつかしい!)
作り方4 作り方5 作り方5
  • 巻き取り競争
    棒を1本、丸い形にして、端をビニールテープで止める。中央を、たこ糸でつなぐ。たこ糸の中央に印をつける。さあ、勝負!棒をくるくる回し、糸を巻き取る。先に中央の印に到着した方が勝ち!
  • けんだま
    棒を1本、丸い形にして、端をビニールテープで止める。棒の端と丸い形にしたものをたこ糸でつなぐ。棒に丸いわっかを入れてみよう。           
  • 皿回し
    紙皿に丸い輪をのせ、ビニールテープで止める。お皿の出来上がり。棒でお皿を回す。たくさん回った方が勝ち!最後にお皿を思い切り投げて、遊びはあしまい!

続きを読む

10月のわらべうた~かぞえうたあそび~

| おすすめ情報

【いも、にんじん】

 収穫の秋にちなんで、今月は「いも、にんじん」のあそびです。 いも、にんじん、ごんぼー、くりと秋の野菜がたくさんでてきます。 少し大きいお子さんは、かぞえうたを意識でき、楽しく遊べることでしょう。


いも、にんじん
あそび方

 手を出して、鬼が一人ひとり指さしていく。「とれた」の「た」の人が、鬼になる。
 靴をぬいで、まるく並べる。「いも にんじん」を歌いながら、ひとつひとつ靴を指していく。歌い終わって最後に当たった靴は持ち主にかえす。繰り返して、一番早く両方の靴を履いた人が勝ち。

清野山

続きを読む

「昼夜逆転して困っています」「夜更かしで困っています」今月は睡眠についてのご質問がよせられました。

| おすすめ情報

 2ヶ月のお子さんは、お昼はよく寝るのですが、夜になると元気。お母様が疲れてしまってとのこと。徐々に昼と夜のリズムを作っても良い時期になってきています。まずは昼間、起こしてあげて一緒に遊ぶことから始めてみましょう。目覚めやすいのは、授乳時間の前。1時間前に起こしてみてください。抱き上げて、窓越しのお日様をあびると、目がさめるお子さんが多いようです。そして、起きていると楽しいという経験をたくさんさせてあげてください。語りかける、ガラガラの音を聞かせてあげる、お母さんの顔真似も上手ですよ。うつぶせにして、少し運動させてあげるのも良いでしょう。昼に十分あそぶと夜眠るリズムができてきます。

 夜更かしで困っているのは、保育園のお子さん。朝早く起きてほしいのに、夜が遅くて、朝不機嫌で毎日が大変のようです。急に夜早く寝る生活にするのはむつかしいようです。まずは、朝少し早く起こすことから始めてみましょう。朝の光は、体内のリズムを調整する役目があります。こうして少しずつ早く起きられるようにすると、夜も少しずつ早くなります。とはいえ、すぐ明日からはむつかしいので、ご家族の方も少々気長に取り組んであげてください。もうひとつ「夜絵本を3冊読んだら寝ようね」など、お子様と約束をするのも効果があるようです。ご家庭でお子様と話されると良いですね。

続きを読む

メールでお問い合わせ

長谷川興産グループの生活支援サービス
快適生活サービス
おそうじ本舗
マイ暮らす
マイスターコーティング
靴専科
お直し職人
介護サービス
長谷川介護サービス
keirow
福祉サービス
太陽の子
長谷川ナーシングパートナー
人材サービス
スマイルSUPPORT保育
スマイルSUPPORT看護
スマイルSUPPORT介護
給食サービス
関東給食