ニュース

☆ プロの「誇り」をもって   ベビーシッター 山崎 幸子 さん ☆

| おすすめ情報
  ベビーシッターの仕事を始めたキッカケはちょっとしたことからでした。 下の子が幼稚園に入り、園の行事のお手伝いの時、チビッコたちの相手をして一緒になって遊びまくっているのはいつも私の担当。 そんな中、一人のお母さんから「ベビーシッターやってみない」と声をかけられ、始めてから気がつくともう十数年。

  また同じ頃に「ボーイスカウト」活動にも参加するようになりました。 ハイキングやキャンプなど、子どもと一緒に楽しめればと入ったのですが、子どもより私の方がこの活動にはまってしまいました。

  その両方ともに言えることは、子どもたちとの交わりやふれあいの中で、子どもたちの成長過程が見られるのが特に楽しく嬉しいことです。 そして、その中で、人と人との出会いがたくさんたくさんできることが何よりも魅力になっています。

  まずお子さんの好み、性格などできるだけ早く把握してシッティングが楽しく過ごせるようにします。 レギュラーで伺うお宅では、成長に合わせたシッティングが出来るように協力します。 そしてお伺いしたお宅の意向をよく汲み取り、できるだけ希望に添えるように努力しています。 お母さまの"はなし"に耳をよく傾けること。 お母さまが満足されるまでお話を伺うと、お母さまも安心されるようです。 プロとしての「誇り」をもっていつも仕事に臨んでいます。

  最近嬉しかったこと。お母様のおなかの中にいる時から付き合いのあるお子さんが3歳の誕生日を迎えました。 エプロンが汚れると「お家で洗濯してね」トイレに行くと「落ちないように気をつけてね」とことあるごとに私に注意します。 そんなある日お母様から報告が。 「山崎さん、ちょっと聞いて。今日、私一日家にいるのに"山崎さん今日来る?"と聞くのよ。失礼しちゃうわ」そういうお母様は笑顔。 この何気ない会話の中で、お子さんが私の来るのを楽しみにしている様子がよくわかり、この日一日中私の気持ちは、ポッカポカ。 これからもプロの「誇り」を大切にベビーシッターとしてお仕事を続けて行きたいと思います。
 

山崎さんおすすめの手遊び
●トマト・トマトの歌

トマト ●メロディは「ちょうちょ ちょうちょ」で歌います。
●「トマト」「トマト」と親指、人差し指、中指と順番に反対の人差し指でさしながら、繰り返し歌います。
●食事をする前に歌ったり、絵本等に野菜の絵がある時によく歌っています。
●簡単そうにみえて、なかなか難しいところが面白い手遊びです。

続きを読む

9月のわらべうた~模倣あそび~

| おすすめ情報

【はりにいとをとおしたら】

 子どもたちは大人のまねをしてあそぶのが大好きです。特にお母さんのしぐさはよく見ていて、あそびの中に展開していきます。わらべうたにもこのような模倣あそびがたくさんあります。今回もその一つです。表情たっぷりに友だち同士でも繰り返しあそんでいます。


はりにいとをとおしたら
あそび方

 はりにいとをとおしたら・・・・左の手のひらに右手の人差し指を通す
 ちくちくちくぞうきんの・・・・・人差し指であちこちをさすしぐさ
 できあがり・・・・・・・・・・・・・身体をなでる
 おみずでじゃぶじゃぶあらいます・・両手で洗濯するしぐさ
 しぼってしぼって・・・・・・・・・洗濯物をしぼるしぐさ
 ごしごしごし・・・・・・・・・・・・・身体をなでる

清野山

続きを読む

お子さんの便秘でお困りのお母様が多いようです。ベビーシッターの定例研修会で話題になりました。そこで今月は便秘のはなしです。

| おすすめ情報

 便の出かたは、子どもによって様々。母乳から混合栄養に変えた、離乳食を始めたなどほんの少しの変化で排便の状態は変わります。とはいえ、排便は健康のバロメーター。心配ですよね。便が毎日きちんと出なくても、便が硬くなく、楽に排便し、機嫌がよければ便秘ではありません。ただし、つらそうに力んでいるけれどなかなかでない時、固すぎて肛門が切れる時などは、便秘の対応が必要です。

 離乳食が始まる前のお子さんでしたら、

●おなかのマッサージ(オムツを交換する時に、おへそのまわりを時計回りにゆっくりとさすります)
●肛門の刺激(肛門のまわりを指で押す、綿棒にオリーブオイルをつけて先を少し肛門に入れたり出したりして刺激)

をすることを試してみてください。

 離乳食が始まっていたら、食事の工夫をすると良いでしょう。繊維質の多いもの、腸内発酵をおこすもの(サツマイモや乳製品など)、水分の多いものなどおすすめです。実はからだを動かすことも効果があります。十分に外へ出かけて遊びましょう。

 注意しないといけないのは、便をすることが不快になること。お尻が切れたり、お腹が張りすぎて痛いことが続くと、排便が不快になり、我慢するから、ますます便秘がひどくなるという悪循環になります。そうなる前に、対処しましょう。便をやわらかくしたり、腸の働きをよくするお薬もあります。心配な場合は、早めにかかりつけのお医者様に相談すると良いですね。

続きを読む

メールでお問い合わせ

長谷川興産グループの生活支援サービス
快適生活サービス
おそうじ本舗
マイ暮らす
マイスターコーティング
靴専科
お直し職人
介護サービス
長谷川介護サービス
keirow
福祉サービス
太陽の子
長谷川ナーシングパートナー
人材サービス
スマイルSUPPORT保育
スマイルSUPPORT看護
スマイルSUPPORT介護
給食サービス
関東給食