ニュース

☆ 生活に楽しみをみつけて  小平 明美さん ☆

| おすすめ情報
 

  毎日の生活の中に楽しみをみつけることが特技という小平さん。 今の楽しみは、土鍋でごはんを炊くこと。そんな楽しさをお子さんにも伝えたいと、シッティングの中でお料理をしています。
  ある日のシッティングでは、小さな土鍋でごはん一合炊きにチャレンジです。
  「エ~、土鍋でごはんが炊けるの?」と半信半疑のお子さん。まずはお米を研ぐところから始めます。 砂で遊ぶように感触を楽しむ時間を、決して「早く早く」などとせかしたりはしません。 その理由は小平さん自身もお米の感触が大好きだから。こんなところにも、生活を楽しむ小平さんの姿勢が表れています。 充分お米の感触を楽しみ、お米も研げたら、さあ土鍋にお米と同量のお水を入れて火にかけます。 「初めちょろちょろ中ぱっぱ、赤子泣いても蓋とるな」といいますが、小平流は違います。 5分おきに蓋をとり、お米の変化を観察。「何だか実験みたい」と目を丸くするお子さん。 「本当は蓋を取らない方がいいのかもしれないけれど、途中を見た方が楽しいから」「でも出来上がるものなのよ」と小平さん。 ごはんが出来上がったときのお子さんの嬉しそうな表情! 「本当にごはんが炊けるんだ」「ごはんのにおいだ!」「おにぎりにしてすぐ食べよう」 お子さんの選んだたけのこを具にして、あつあつのおにぎりをほおばったそうです。
  小平さんには忘れられない人がいます。 小平さんが生まれ育った頃は、夕食時にテレビが壊れてしまっているからといってご近所にのこのこ押しかけて、お食事までもご馳走になり帰って来てしまうというというような環境でした。 その時家の裏に住んでいた"山田のばば"には大変かわいがってもらったそうです。 近所の子ども達はみな、分け隔てなく"ばば"の世話を受け、祭りだ!行事だ!といっては煮物や蒸しパンをせっせと運んできてもらったそうです。 そんな"ばば"の愛情を自分なりに表現したくて始めたベビーシッターのお仕事。 小平さんのシッティングには、"ばば"の心が息づいているようです。

小平さんと作ろう~バラの花の巻き寿司~

材料 ●材料 すし飯 白・・・220g/すし飯 ピンク(でんぶ15gを加えたもの)・・・100g/焼き海苔・・・1帖+1/6帖×3枚+1/4帖×1枚/ 薄焼き卵(卵1個、砂糖、塩少々)・・・直径24センチのフライパンで1枚分/野沢菜(茎の部分)・・・21cm×3本/紅しょうが・・・15g
作り方1 作り方2 作り方3
  • 薄焼き卵にピンクのすし飯をまばらに置き、紅しょうがをところどころにちらす。
  • 手前から巻いていく。バラの花を表現するためにわざと変形させて巻く。落ち着かせるために、置いておく。
  • 巻きすの上に焼き海苔1帖を置き、すし飯220gを広げる。
  • 菜ばしに薄めた酢をつけ、3箇所おさえてくぼみをつける(ごはんが菜ばしにつかず、作業がしやすくなります)。
  • 1/6サイズの焼き海苔を溝にしずませ、そこへ野沢菜を並べる(これが葉になります)。
作り方4 作り方5 作り方6
  • 手前から2本目と3本目の野沢菜漬けの間に2で作ったバラの花を横長に置く。
  • 巻きすを手のひらにのせて丸め、両端を中央で合わせる時バラの花の上にすし飯を適量補う。
  • 1/4サイズの焼き海苔をバラの花の上にのせ、両端を中央であわせる。
  • あわせ口を下にして、トンネル形に整えます。
  • 巻きすしを巻きすの端に移動し、側面を平らにします。 その時に1センチくらい巻きすから出して、中央にたおすようにすると、端がまとましやすい。            
出来上がり
  • 1本を6等分に切り分けます。包丁をすし酢で拭きながら切ると、包丁にすし飯がつかず、きれいに切れます。            

続きを読む

5月のわらべうた~マザーグースのあそび~

| おすすめ情報

【ぶたがぶたれた】

  今月は、イギリスのわらべうたとも言える、マザーグースのあそびを紹介します。 赤ちゃんの足の指を、ぶたさんに見立てるかわいいあそびです。 赤ちゃんの足をさわってあげると、赤ちゃんの機嫌がとてもよくなります。 ひざに抱っこして、ごろりとねんねで、オムツ替えのときなど、いろいろな場面であそんであげたいですね。

ぶたがぶたれた
 
ぶた1ぶた1ぶた2

    ぶたがぶたれた
  • 足を手で包みぎゅっぎゅっとにぎる

    ぶたがぶたれた
  • もう一度、ぎゅっぎゅっとにぎる

    なぜぶたれた
  • 外に内に首をかしげるように足を動かす
ぶた3ぶた4ぶた5

    一でいばって
  • 親指をつまむ

    二でにらんで
  • 人差し指をつまむ

    三でさわいで
  • 中指をつまむ
ぶた6ぶた7ぶた8

    四でしかられて
  • 薬指をつまむ

    五でごっつん
  • 小指をつまむ

    ぶたがぶたれた
  • 足先をそっと手で包む

 

清野山

続きを読む

子どもが9ヶ月になりました。離乳食のメニューはどのようなものを準備すればよいでしょうか。

| おすすめ情報

 お子さんが大きくなって、離乳食の回数が増えると、離乳食の準備が大変になってきますよね。私も子どもが離乳食の時期には、献立を考え、たくさん食べて大きくなってほしいと思って一生懸命作ったのに、あまり食べてくれないと、がっかりしたことを覚えています。

 保育園ではたくさんのお子さんが離乳食を食べて大きくなるのを見てきました。お子さんにより食事量にも個性があること、食べない時があっても1日、1週間と長い目で見ると子どもなりにバランスを取っていることがよくわかりました。そして、何より食べることが楽しみな時間になると、自分から喜んで食べ始めることもわかりました。それがわかると、私の離乳食への考えも肩の力が抜け、そのほうが子どもの食もすすむことを実感し、未熟な母親だったと反省したものです。

 厚生労働省が出した「離乳食の基本」というガイドラインがあります。その前文にも「子どもにはそれぞれ個性があるので、基準に合わせた画一的な離乳とならないように留意しなければならない」「家庭の食習慣を考慮した無理のない進め方」と書かれています。離乳食用にわざわざ最初から別のメニューを準備する必要はありません。ご家庭の食事を作る時、お子さん用に取り分けて上げてください。そのあとお子さんにあった固さ、味付けにすれば大丈夫。ただし、新しい食品をはじめる時期だけ注意すれば十分です。   

 肩の力を抜いて、お子さんと楽しく離乳食を進めていけるといいですね。

シッターの智恵袋

・大人のごはんを炊く時、耐熱容器にお粥の割合のお米と水をいれ、大人用に計量したお米の中央に入れておくと、ご飯もお粥も同時に炊きあがって便利です。
・離乳食の時期は、家族全体の食事に、煮物や具沢山の味噌汁の献立を加えるようにすると、離乳食にとりわけやすくて便利です。家族の食事を見直すきっかけにもなって、一石二鳥ですよ。

続きを読む

メールでお問い合わせ

長谷川興産グループの生活支援サービス
快適生活サービス
おそうじ本舗
マイ暮らす
マイスターコーティング
靴専科
お直し職人
介護サービス
長谷川介護サービス
keirow
福祉サービス
太陽の子
長谷川ナーシングパートナー
人材サービス
スマイルSUPPORT保育
スマイルSUPPORT看護
スマイルSUPPORT介護
給食サービス
関東給食