ニュース

☆ あそびの天才 会田 由紀子さん ☆

| おすすめ情報
 

  幼稚園から続けていたピアノを弾いていたいと選んだ保育士のお仕事。約5年間保育園に勤務した後、一時お仕事を中断していたのですが「子どもと遊ぶことしか思いつかなかった」と再開したのが現在のベビーシッターのお仕事です。
  会 田さんが一番うれしい瞬間は子どもが笑ってくれたとき!!ひとりひとりのお子さんとじっくり向き合って遊んで、話しをして、楽しみをいっぱい広げてあげら れるこの仕事が大好きだそうです。だから、あそびのポケットを豊かにすることはいつも考えています。図書館に行って、児童書や工作の本を見るのは、大切に している習慣。
  そしてもうひとつ、会田さんの勉強の場は児童館です。児童館の工作教室をのぞいて、遊びにきている子どもたちがペットボトルや牛乳パックで自由自在に創作する姿から刺激を受けたり、新しい工作のヒントを仕入れます。
  あ る日のシッティング、お子さんに「水に入れたら浮かぶもの、沈むものを書きなさい」という宿題が出ていました。さて、会田さんがやったことは・・・、部屋 中歩き回り、お子さんが興味を持ったもの全部をお盆にのせ、お風呂に直行。ひとつずつお水に浮かべ・・・。その宿題で2回のシッティングを楽しみ、さらに おままごとあそびに発展。
  こんなところに、会田さんの「何でも楽しもう」という精神が表れています。
  もうひとつ会田さんが大好きなお仕事が、イベント。
  先日も誕生会を企画・進行してきたばかり。お子さんと楽しい時間を共に過ごせるのが何よりもうれしいとのこと。
  こんなふうに、ベビーシッター業を愛してくれるシッターさんは私たちの宝物です。

会田さんが企画した誕生日のパーティー
誕生日のパーティー

会田さんおすすめ~バルーンで作ろう~
●うさぎぼうし
うさぎぼうし1 うさぎぼうし2 うさぎぼうし3
  • ふうせんをふくらます。はしが空気が入らない状態で少し残るくらいが良い。
  • うさぎの顔を作る。指3本分くらいのところをねじる。(写真1)
  • 耳を作る。指5本分くらいのところをねじる。(写真2)
  • もう1度、指5本分くらいのところをねじる。3つのブロックができる。(写真3)
うさぎぼうし4 うさぎぼうし5 うさぎぼうし6
  • 最後にねじったところと、最初にねじったところをあわせてねじる。顔と耳が出来上がり。(写真4)
  • 胴体を作る。指3本分くらいのところをねじる。
  • 足を作る。指5本分くらいのところをねじる。これを2回繰り返し、3つのブロックを作る。(写真5)
  • 最初にねじったところと最後にねじったところを一緒にしてねじる。胴体と足の完成。
  • しっぽを作る。おしりのほうを指3本分くらいねじる。(写真6)
うさぎぼうし7    
  • しっぽと胴体を一緒にねじって完成。(写真7)
   

●お花のぼうし
    お花のぼうし
  1. ふうせんをふくらます。はしが空気が入らない状態で少し残るくらいが良い。風船の両端をかた結びでしっかりと結ぶ。(写真1)
  2. 八の字になるようにねじる。(写真2)
  3. 両方の輪になっているところをあわせる。(写真3)
  4. 花の形になるようにねじる。(写真4)
  5. 花の完成。(写真5)
  6. 帽子に差し込んで、出来上がり。(写真6)

 

続きを読む

-子育てと仕事の両立支援をめざして 「ほっとくつろげる家庭の延長としてのサポートを」 清野山 京子

| おすすめ情報

-私の子育てとベビーシッターさんとの出会い-

  わらべうたに入社前、私自身20年余、幼稚園の教師として、共働きをしながら子育てをしてきました。
  当時は、子育て支援策も今の様ではありませんでした。預け先も決まり保育所に入ることができたものの、子どもが病気をするたび、何度仕事をやめようか悩んだかわかりません。
  そんな中で、ベビーシッターNさんとの出会いは、私たちの生活を大きく変えました。そして私自身も仕事を続けていく事に自信をもたせてもらいました。

 

-わらべうたのシッター像-

  Nさんとの出会いは、私の仕事への自信をもたせてくれただけでなく、わらべうたのシッター像を考える時、Nさんがモデルになっていました。
  Nさんは、幼稚園の送迎はもちろん、病気のときには病院にもつれて行って下さいました。時間がとれない親にかわって、劇を観に連れて行って下さったこともあり、本当にきめ細かく子育てをサポートして下さいました。
  N さんは、子どもを丸ごと受けとめて下さいました。シッターのNさんとすごす時間、子どもはいつもの生活の延長として、かまえず、のびのびとしていました。 そんな子どもの姿を見て、私も安心して預けることができました。Nさんは私のことも丸ごと受けとめて下さっていたのです。

  そして何よりうれしかったのは、急いで帰った時、楽しそうにいきいきとNさんと遊んでいる子どもの姿を見ること!私の疲れもふき飛んでしまうくらいのよろこびでした。

  毎日、Nさんは私に子どもの様子を暖かく話して下さいました。Nさんのことを自慢げに見あげている子どもの姿と、一生懸命伝えてくれるNさんの話を聞いて、明日のエネルギーが湧いてきました。

 

-わらべうたのテーマ "生活とあそび"を求めて-

  親 にいろいろな事情があり、お子さんとすごせない時間、私たちが、いつもの生活の延長として、子どもが安心して、のびのびと生活できる環境づくりのお手伝い をしたいと思います。そして、お父さん、お母さん以外にも信頼できる大人がいる。その出会いが、子どもの人生にとってプラスになることを願っています。こ の願いをこめて"いきいきとした「生活」と「あそび」を子どもたちに"をテーマにして、ベビーシッター業を始めました。
  わらべうたも平成15年で創立12年目を迎えます。常に原点にたちかえりながら、お客様と共に歩む企業でありたいと思います。

続きを読む

4月のわらべうた~じゃんけんあそび~

| おすすめ情報

【たけのこ 芽だした】

 ≪遊び方≫

たけのこ芽だした  頭の上に両手で三角のたけのこを作り、両手を上下する。
花咲きゃ開いた  手を開いて、咲いた花がゆれるようにする。
はさみでちょんぎるぞ  ちょきを作り上下させる。
えっさえっさ  げんこつを作りふりおろす。
えっさっさ  じゃんけんをする。勝ったらバンザイ。負けたらゴメンナサイ。


※ じゃんけんを真剣にすると楽しさが倍増します。

◎たけのこ めだした はなさきゃ ひらいた
はさみで ちょんぎるぞ えっさえっさ えっさっさ

清野山

続きを読む

病気の時が心配です。病児訪問ケアについて、詳しく教えてください。医師のサポートがあるといことですが、具体的にはどんなことですか? かかりつけ医がいますけれど、用賀アーバン

| おすすめ情報

 お子さんが病気の時は、本当に心配ですね。それでも、どうしてもお子さんのそばにいられない時もあると思います。そんな時に安心してお任せいただけるのが病児訪問ケアサービスです。

 医師のサポートとは具体的には、自宅で病気のお子さんをケアするために必要な事項(病気が急性期か否か、安静の度合い、お世話をする時のポイント、医師に指示を仰ぐタイミングなど)を記入した専用カルテを発行してもらいます。また、お子さんが医師の指示を仰ぐタイミングのような状態になった時、医師にすぐに連絡、その後の具体的な指示が出る体制になっていますので安心できます。

 このサービスで一番大切にしているのは、お子様の安全です。お子様はそれぞれ体質も違い、体調の変化も早いので、用賀アーバンクリニックでの受診をお願いしております。現在は1医院のみで遠方の方にはご迷惑をお掛けしておりますが、今後連携できる医院を増やしていく予定ですので、お待ちくださいませ。なお、用賀アーバンクリニックではカルテを公開しておりますので、かかりつけ医にカルテを渡すことができますので、ご安心ください。

 伺いますシッターは、病児訪問ケアの専門研修を受けています。内容は子どもの病気の理解、症状の意味、体調が悪い時の配慮点と保育の実際、病気の時のあそび、救急法などの内容が含まれています。安心してシッターにお任せください。

続きを読む

メールでお問い合わせ

長谷川興産グループの生活支援サービス
快適生活サービス
おそうじ本舗
マイ暮らす
マイスターコーティング
靴専科
お直し職人
介護サービス
長谷川介護サービス
keirow
福祉サービス
太陽の子
長谷川ナーシングパートナー
人材サービス
スマイルSUPPORT保育
スマイルSUPPORT看護
スマイルSUPPORT介護
給食サービス
関東給食